ペット火葬で行われる基本的な手続きとは?

ペット火葬で行われる基本的な手続きとは?

ペット火葬の基本的な手続きとして知っておきたいのは、「犬の場合は自治体窓口に届出の必要がある」という点です。
犬にはワクチン接種の義務があります。
そのため、亡くなった場合は自治体に連絡が必要です。
犬以外の場合は、公的な手続きが必要ありません。
民間業者にペット火葬を依頼するなら、まず24時間対応の連絡窓口に電話をします。
その上ですぐに対処を依頼し、ペットの遺体を保管しておきましょう。
民間でのペット火葬の場合、遺体を丁寧に清めたあと個別火葬か集団火葬のプランを選ぶことになります。
遺骨の返却と骨壺をどうするか、さらにお墓のプランを選ぶことも可能です。
地方自治体となると、こうした手厚いペット火葬は難しくなります。
市区町村の窓口に連絡し、遺体をどこに持ち込むべきかを相談しましょう。
その上で焼却料を確認し、後日焼き場にペットの遺体を持ち込むことになります。
業者と自治体では扱いが全くことなるものです。
しっかりと確認の上、納得できる方法でペットを見送ることをおすすめします。

ペット火葬の一般的な流れと必要な準備とは

ペット火葬を行うと、人と同じように読経やお焼香を行うようになります。
一般的な葬儀と似たような感じになるため、後悔することがほぼなく、しっかりと供養をすることができます。
ペット火葬の流れは、まずペットを安置し葬儀会社に連絡をして葬儀の形や日時などを予約します。
予約した日になるとお迎えの車が来るので、一緒に火葬場に向かい、葬儀へと進みます。
ペット火葬でも司式者がおり、場を仕切ってもらえるため改めて何かを考える必要はありません。
副葬品としておやつやごはんを少量であれば入れることができるので、ティッシュなどにくるんで用意をしておくと良いでしょう。
なおおもちゃも納めることはできますがプラスチックや金属製のものは、溶け残る可能性があるため一緒に納めることはできません。
火葬後はお骨を拾い、骨壺に収骨します。
その後は埋葬または自宅にお骨を持ち帰り供養を行います。
供養方法も人と同じであり四十九日法要を営むことが可能です。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の情報サイト

このサイトではペット火葬にまつわる様々な情報を発信しているので、大切な家族であるペットに万一のことが発生した場合にとても役立ちます。いざという時にどうすれば良いのか分からず慌ててしまうかもしれませんが、基本的な知識を身につけたり疑問を解消したりしておけば安心です。ペットの火葬を行う時の仕組みについて誰でも理解できるように分かりやすく解説しているので、ペットのことを大切に考えているのであれば知っておきましょう。

Search