ペット火葬は誰でも参列できるか?

ペット火葬は誰でも参列できるか?

ペット葬儀では、ペット火葬が行われることがほとんどです。
そして、ペット火葬にも誰もが参列できるのかどうかは気になるところです。
まず、業者に遺体を預かってもらい、誰も立ち合わずに火葬をすることもできますし、飼い主が立ち会うことも多くなっています。
人間の葬儀とは違うので、他の人に知らせる必要はありませんが、普段からペットと親しくしていた人や可愛がってくれた人に来てほしいと考える飼い主さんもいます。
自宅に火葬車で来てもらうなら特に人数の制限もなく、友人や知人、ペット仲間らに来てもらうことは可能です。
ペット火葬時の服装は特に喪服でなくても派手なものでなければ普段着で大丈夫です。
ペット霊園で火葬を行うときは、マナーを守ることも大事ですので、静かに過ごすようにしましょう。
ペット火葬業者によって、参列できる人数やマナーなどは違いもありますので、友人らの参加を希望するときは、業者に相談しておくことをおすすめします。

ペット火葬を行う前の遺体の取り扱い方について

ペットが亡くなってすぐに業者に連絡することが、最も好ましいものとされています。
ですが、愛しいペットの遺体をすぐにペット火葬に出すのは飼い主の心情として心苦しいものです。
ペット火葬前の遺体の取り扱いは、どのようにするべきなのでしょうか。
大切なのは、腐敗が進まないようにすることです。
亡骸の安置方法としてはまず、手足を折り曲げたあと毛並みを整えるなど体をきれいにする方法があります。
もしあらかじめ棺を用意しているのなら、きれいにした体をそっと中に入れ、保冷剤をたくさん入れておくこと方法がおすすめです。
冬などの寒い季節であれば、体は2日から3日そのまま保存出来ます。
ただし夏となると1日から2日しか保存できません。
この点に気を付ければ、ペット火葬前の少しの間別れを惜しむ時間を取ることが出来るでしょう。
ブラッシングをしたあとに、体を乾いたタオルでふいてあげることも腐敗を遅らせることになります。
棺がない場合、新聞紙などを敷き詰めた段ボールなどで保存することがおすすめです。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の情報サイト

このサイトではペット火葬にまつわる様々な情報を発信しているので、大切な家族であるペットに万一のことが発生した場合にとても役立ちます。いざという時にどうすれば良いのか分からず慌ててしまうかもしれませんが、基本的な知識を身につけたり疑問を解消したりしておけば安心です。ペットの火葬を行う時の仕組みについて誰でも理解できるように分かりやすく解説しているので、ペットのことを大切に考えているのであれば知っておきましょう。

Search